賃貸経営はサービス業

「賃貸経営の成功の鍵は空室対策にある」

賃貸経営の基本は、満室経営です。賃貸経営にはさまざまな要素がありますが、成功するかどうかは満室になるかどうかで決まります。いかにして空室の発生を防ぐか。これを空室対策と呼びます。「賃貸経営の成功の鍵は空室対策にある」といっても過言ではありません。空室対策において重要なことは、「賃貸経営はサービス業」という意識を持つことです。

賃貸は事業であり、事業を経営していく心構えが必要です。これから厳しさを増す賃貸業界の中で生き残っていくためにも、家主様はサービス業としの視点を持たなくてはなりません。

入居者の満足度を高めて空室を予防する

賃貸経営の安定のためには、入居者に長く住んでいただくこたがとても大事です。かつて賃貸需要に対して物件の供給が不足気味であった時代には、「転出入が多いほうが礼金や敷金を取るとこができて、経済的に望ましい」と思われていましたが、最近では賃貸物件の供給過剰により、礼金や敷金もいただきにくい状況になっています。

現在では優良な入居者になるべく長く住んでもらうほうが、収益が上がるという状況にかわってきています。つまりテナント・リテンション(入居継続を促すための知恵と工夫)に配慮し、入居者の満足度を上げて、きちんと賃料を入れていただける入居者に長く住んでもらうことが、賃貸経営の基本となってきたのです。

入居者の立場になって考える

テナント・リテンション(入居継続を促すための知恵と工夫)を高めるためには、オーナーさんの入居者への日々の対応が必要になります。ある統計によると、これまで住んでいた部屋を退去する原因の85%は、就職や転勤、あるいは結婚して家族が増えた、親と同居することになった等の、移動せざるを得ない理由によるものです。最近では会社の住居手当がなくなる、あるいはリストラといった理由もあります。残りの15%については現在の住環境や管理への不満が原因です。つまり家主様の努力不足が原因で、入居者が退去してしまったのです。

万一、クレームが出た時には迅速な対応が何より大切です。どれほど迅速に対処できたかが、入居者への満足度やその物件への評価に直結します。「賃貸経営はサービス業である」という意識を持ったオーナー様であれば、即座に業者に連絡を入れて対処することでしょう。すばやく対応して問題を解消できれば、入居者からは感謝の声が寄せられるはずです。

入居者の立場になって考えていただければ、その時々にどんな行動を取るべきか、きっとお分かりになるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内見希望・その他お問い合わせは株式会社ネットクルー 担当 堀内までご連絡ください。

TEL 0120-044-960(平日・土 AM9:00~PM6:00)

お問い合わせ