賃貸住宅経営でのリスクマネジメントについて

経済状況は、家主様の行動指針の一つでしかなく、大切なのは「今できる対策」を始めることです。それこそが最も効果的なリスクマネジメントとなり、賃貸住宅経営の最大の防衛策となります。

まずは、今後10年の、賃料収入、空室率、支出等を予測することで、今、どのような対策を打つべきかが見えてきます。

例えば、老朽化が進み小規模修繕が多発しそうな場合には、早い段階で大規模修繕を行うことで、これを抑えることができます。

また、建て替えを検討した方がよいと判断される場合には、新たな入居者さんとの契約には定期借家契約にし、計画的な立ち退きをお願いすることで、建て替えをスムーズに進めることができます。その他、立地条件や家主様の家族環境に不安がある場合には、売却して今のうちに現金化する、もしくは築浅の収益物件に買い替えることも一考する価値があります。

いずれにせよ、賃貸経営の成功の秘訣はリスクマネジメントにあります。

賃料下落、空室、老朽化などのリスクに対するマネジメントをしっかりと行うことが、家主様に求められています。

日本経済は大きな転機を迎えており、賃貸住宅市場も大きく動くことになるでしょう。

市場動向、地価、金利の変化に対応すべく、定期的なセミナーへの参加や、インターネットでの情報収集が大切になってきます。

そして、常に念頭に置いておかなければならないのは土地は永遠でも家主様の寿命には限りがあり、必ず世代交代があるということです。いつか必ずお訪れる世代交代の際に、どれだけ磨かれた状態の不動産を残せるのか。不動産はあなたの生き方を映す鏡でもあります。
豊かさを次世代に継承させるのか、それとも苦労を継承させるのかは、家主様次第なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内見希望・その他お問い合わせは株式会社ネットクルー 担当 堀内までご連絡ください。

TEL 0120-044-960(平日・土 AM9:00~PM6:00)

お問い合わせ