現政権の政策が日本経済に与える影響について

政権が交代してから、インフレ目標も先の先進国並みの2%程度に引き上げられ、日本経済は総じて景況感が良くなってきているといわれています。

その効果は、日経平均株価の上昇や、為替の円安という形で如実に表れており、景気回復への期待感が高まりを見せています。

前政権下では黙認されてきた円高は、輸出系の企業を中心に大打撃を与え、多額の赤字や大規模なリストラを招く結果となりました。新政権は国内経済の安定化を目的として大規模な金融緩和を進めており、その結果、これまでの異常な円高は是正されつつあるようです。

低迷の続いていた株価も、短期間で大きく値を上げています。若干過熱気味の状態ですが、「株価は景気の先行指標」と言われ、将来を見据えた期待の大きさがうかがえます。

しかし、本当に日本経済が再生するためには、新政権の政策の実現が必要となってきます。まずは、それを見定めなければ今後株価がどの程度上昇するのかの判断は難しいと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内見希望・その他お問い合わせは株式会社ネットクルー 担当 堀内までご連絡ください。

TEL 0120-044-960(平日・土 AM9:00~PM6:00)

お問い合わせ