不動産投資

不動産物件購入はバランスが大事!

不動産投資マーケットに多くの不動産物件が流入すれば供給過剰による値崩れが発生する可能性も高くなるとの指摘があります。

 

不動産物件購入を検討される方には一見好都合のようですが、良い物件ばかりがマーケットに並ぶわけではありません。いくらマーケットの物件が値崩れしたからと言っても、良い物件は人気も高いのでやはり高値で取引されますし、逆に安値だけを求めてしまうと「とんでもないボロボロの物件だった」という事にもなりかねません。

 

当然のことながら、物件の善し悪しを見極めることが大切です。またどのような目的とプランで物件を購入するのかを決めるのも重要なポイントになります。

 

物件を「所有する」のか、それとも「転売する」のかでも、おのずと求める物件の姿に違いが生じてきます。不動産投資において肝心なのは、目的に合致した物件の状態と購入価格のバランスがとれている事です。このような物件に、消費税増税前のタイミングで巡り合える可能性が広がるという意味では「チャンス到来」と言えるでしょう。

不動産投資のメリット・デメリット

不動産投資には他の投資商品にはないメリットがあります。 優良賃貸物件の場合、家賃収入という比較的安定した収入が得られることに加え、投資家自身が運用に積極的に関わり、付加価値を付けることでさらなる収益を上げることも可能です。

 

また、所得が低く資産があまりなくても、担保力、収益力のある物件を購入する場合には、金融機関より比較的融資を受けやすいという特徴があります。

 

一方デメリットとして挙げられるのが、不動産物件は同じものが2つとなく、非常に個別性が強い事や売主、買主の個別の事情が取引価格を左右するなど、まだまだ不透明な流通マーケットであるため必ずしも相場に近い価格で売却ができるとは限らないところです。また、必要なときにすぐに現金化できるといった流動性を重視した投資にはあまり適していないかもしれません。

 

不動産投資には長期的な投資スタンスを持つことが重要です。そして不動産の特性を掴みリスクとリターンの関係性をしっかりと理解することができれば、良い投資商品だと言えるでしょう。

内見希望・その他お問い合わせは株式会社ネットクルー 担当 堀内までご連絡ください。

TEL 0120-044-960(平日・土 AM9:00~PM6:00)

お問い合わせ